2018年11月23日金曜日

ダンノマリコさんによる『手作りぽん酢を楽しむ会』開催!




フレーズスタッフ武田と、フードスタイリストのダンノマリコさんによる企画で、高知県馬路村のゆずを使ったぽん酢を作る会を開催しました。
高知県馬路村はゆずの名産地。ダンノさんが、書籍『馬路村農協のゆずレシピ』(パルコ出版)や馬路村のHPでこの特産品を使ったレシピを手掛けたことが縁で、今回の企画が実現しました。

まずは馬路村農業協同組合・組合長さんから提供いただいた旬のゆずで、ゆず塩作り。軽くすりおろした皮とお塩を混ぜ合わせてあっという間に完成。
そして、今度はそのゆずを絞って、煮切った酒・酢・砂糖、酢、しょうゆ、かつお節、昆布と合わせて、手作りゆずぽん酢作り! ダンノさんのレシピを基本に作りましたが、しょうゆや果汁の分量は自分の好みや使いたいお料理に合わせて自分で調整すると良いとのこと。

ゆずの良い香りがスタジオ中にあふれる中、最後はダンノさんによるゆずぽん酢、ゆず塩に合う料理や、高知県の3種類の郷土寿司、大根と茗荷のにぎり寿司・鯖寿司(鯵寿司も)・ばらちらし寿司をいただきました。
鯖寿司は1匹まるまる、鯖のお頭まで酢飯がぎっしり入った、映えるフォルム…。まるで活け造りのような豪快な見た目に一同歓声を上げていましたが、高知県では一般的なんだそうです。そしてこれらの酢飯にも馬路村のゆず酢が使われていました。
残った鯖寿司をフライパンで焼いて食べるとまたさらにおいしかったです☆

たくさんの料理もあっという間に食べきって(笑)、自分たちで作ったぽん酢とゆず塩をお土産に、みなさん喜んで帰っていかれました。

みなさんから好評だったので、ぜひまた開催できると嬉しいです!
ダンノさん、ありがとうございました。

気になるメニューはこちら
〇ゆず塩吸い物
〇刺身 ヒラメ・白きくらげ
〇田舎寿司三種
〇揚げ物 サワラ・カブおろし
〇ゆずのデザート

<ダンノマリコさんプロフィール>
1973年生まれ。フードスタイリスト。フードコーディネーターのアシスタントを経て独立。2016年に発行された『馬路村農協のゆずレシピ』(パルコ出版)の料理を担当。これをきっかけに201710月より馬路村農協HPの“うまじむらレシピ”にも携わる。魚と市場が好き。市場で仕入れた魚で“旬の魚を楽しむ会”や、小学生を中心に皆で一緒に夕食を作る“こどもごはん会”などその時々にできる会を主催している。

 協賛 馬路村農業協同組合(https://www.yuzu.or.jp/

2018年11月15日木曜日

話題沸騰中!大豆ミートを使ったランチで満腹☆満足


Photo by Takeshi Fukuhara

今回は、『大豆ミートのヘルシーレシピ』(河出書房新社)でデザインを担当した武田が同書の著者で料理家の坂東万有子先生にお声がけし、思わずお肉と間違えてしまうような、大豆ミートを使ったヘルシーランチを披露いただきました!

近年メディアでも取り上げられ、スーパーでも少しずつ見かけるようになった「大豆ミート」。20年以上、大豆ミートのレシピを研究している坂東先生が多種多様な大豆ミートを使い分け、ミートパスタからハヤシライス、ハーブチキン、カツレツまで、さまざまな料理に大変身させてくれました!

「ミートソース」はミンチタイプ、「ハーブチキン」はブロックタイプ、「カツレツ」はフィレタイプの大豆ミートを使用し、お肉と同様に味つけをして調理するだけ。搾油された状態の大豆が素となっているため低脂質、低カロリー、コレステロールフリー、高たんぱくと、お肉と比べて良いこと尽くし。それでいて、調味料等の味の吸収が良く、冷めてもおいしくいただけるのも特徴だそうです。
食べた感じはお肉と一緒! いや、お肉よりおいしいかもっ!?
「チョップドサラダ」や「無花果のグラノーラヨーグルト」には乾燥したミンチタイプの大豆ミートが使われていて、前菜にもメインにもデザートにもなることに驚きました! 

健康にも美容にも良くて、使いやすくてレシピバリエーション豊富……知れば知るほど魅力的な大豆ミート。その魅力に早く気づき、たくさんのレシピを考案してその可能性を広めてくださった坂東万有子さん、とても勉強になりました。ありがとうございました!!

気になるメニューはこちら↓
カリカリ大豆ミートのチョップドサラダ
冬野菜のバーニャカウダ
ハーブチキン風
ひとくちカツレツ
茄子のミートパスタ
時短ハヤシライス
無花果グラノーラヨーグルト


<坂東万有子さんプロフィール>
大豆ミート料理研究家。和食や精進料理を好んだ両親の影響を受けて10代で大豆ミートに出合って料理を始める。SOYがある食生活を「SOY食」と呼び、現代のトレンドを取り入れた食べ方を提案、魅力・可能性を広める。料理教室「SOY食クッキング」主催やレシピ開発、コラム執筆やTV出演など多岐にわたり活動中。みそソムリエの資格も持ち、手作り味噌講座や豆板醤作り講座も行う。

ホームページ:https://soy-shoku.com 
著書「大豆ミートのヘルシーレシピ」(河出書房新社)

2018年10月18日木曜日

10月小川歩美さん(エンリケマルエコス)ランチ会:動画版

10月ランチ会、モロッコの家庭料理。小川歩美さんからモロッコの食文化についてたくさんお話を伺うこともできました☆

「エンリケマルエコス」小川歩美さんによるモロッコ料理ランチ


Photo by Shoko Sakurai

今回はお仕事で長いお付き合いのある編集プロダクション「ウィル」の片岡弘子さんによる企画。東北沢にあるモロッコ料理の人気店「エンリケマルエコス」のオーナー、小川歩美さんに、本場のモロッコ料理をご用意いただきました。

エンリケマルエコスは通常、ディナータイムのみの営業で、わざわざフレーズのために、スープ、前菜(温・冷)、サラダ(3種類も!)、メイン、デザートと、まるでコース料理のようなランチメニューを考えてくださいました!

スープ「ハリラ」はモロッコの伝統のスープ。トマトの酸味と豆や野菜の旨味が染み入る優しい味でした。前菜にはモロッコの春巻き「海老とキヌアのシアー」や「ひよこ豆のペースト」、メインには「鶏肉と野菜のクスクス」、そしてタジン鍋を使った煮込み「ラム肉のタジン」。クスクスは上下に重ねたクスクス専用鍋を使って、下部で野菜やお肉をスープで煮込み、その蒸気を使って上部の鍋でクスクスを蒸しあげるそう。手間と時間がかかるため、モロッコでは特別な日に食べる家庭料理だそうです。
デザートには「シナモン風味のカボチャムース」と「アボカドのパフェ」の2種を、すっきりとした後味のお茶「ヴェルベーヌティー」と一緒にいただきました!

モロッコ料理と聞くと珍しい食材や香草で馴染みのない味かと思いきや、食材を生かした味わい深さがあり、日本人にも合う料理なんだと知ることができました。お料理に関しては小川さんも、日本向けに味を変えたりはせず、本場の味そのまま表現されているとのこと。でもデザートは本場の味はびっくりするほど甘すぎて、さすがに日本人向けに砂糖を控えていらっしゃるようです~。

珍しい食材、調理道具などを披露してくださったり、興味深いモロッコのお話もたくさん伺え、みんなモロッコに関心が高まったランチ会となりました。

ぜひ、今度はお店のほうでモロッコ料理を堪能させていただきたいと思います!
小川さん、ありがとうございました!

気になるメニューはこちら↓
〇ハリラ
〇ゴルゴンゾーラを詰めた小さなデーツ
〇ヒヨコ豆のペースト
〇レンス豆のサラダ
〇クミン風味のニンジンとコリアンダーのサラダ
〇揚げナスのサラダ
ラム肉のタジン
鶏肉と野菜のクスクス
〇シナモン風味のカボチャのムース
〇アボガドの小さなパフェ
〇ヴェルベーヌティー



<小川歩美さんプロフィール>
大学卒業後、一般企業に就職するも退職、料理家のアシスタントとなる。2000年モロッコを旅し、モロッコ料理に惹かれる。2002年再びモロッコを訪れ、モロッコ料理の勉強を開始。2004年移住、食の都‘フェス’にて伝統的なモロッコ料理を通してモロッコ料理のベースを学ぶ。家庭の台所、料理教室、レストランで修行。2006年‘カサブランカ’にてモロッコ人料理家Choumicha(シュミシャ)に師事し、家庭料理をベースとしたモダンなモロッコ料理を学ぶ。モロッコの料理番組・雑誌の調理を担当するアシスタントを勤め、同時に郷土料理を学ぶ。帰国後2009年 モロッコ料理の台所‘エンリケマルエコス’オープン。
Instagram:https://www.instagram.com/enrique_marruecos/

2018年9月27日木曜日

9月吉田愛先生ランチ会:動画版

9月ランチ会の模様をアップさせていただきまーす。お料理もさることながら、吉田愛先生の笑顔がステキ!


日本酒が欲しくなる! 秋の本格和食ランチ


Photo by Takeshi Fukuhara

今回はフレーズの宮代が和食の吉田愛先生と企画してくれました。
日本料理店で修業し、今年の3月から独立して本格的に料理家として活動を始めた吉田愛先生。今回はお店で出すような和食と家庭的な料理をご用意いただきました。

熱々の出来たてで用意された「焼き胡麻豆腐」は表面の焦げの香ばしさと、生クリームを使用しているという胡麻豆腐のもちもち感と滑らかさがたまらない! 
「鮭といくらの親子ごはん」はまいたけと一緒に炊いたご飯の上に、幽庵焼きの鮭をたっぷり乗せ、そこへいくら、みつば、銀杏を散らした豪華な逸品。
さらに干し椎茸のうま味を閉じめた揚げたて「メンチカツ」、お出汁の効いた「九条ねぎと揚げの味噌汁」、丁寧にひとつひとつ面取りされたかぼちゃ、かぶ、なすを炊いた「秋野菜の炊き合わせ」など秋色満載の8品が並びましたー。

唎酒師の肩書も併せ持つ吉田愛先生。最後に、わずか2ステップでできる日本酒に合うレシピもみなさんに配布してくれました。その中には本日登場した「秋刀魚の和風オイル煮」のレシピも。これら料理とマリアージュする日本酒の紹介付きでした☆

簡単にできるウマい肴も、基本の和食も、本格日本料理も、吉田先生のこれまで積み上げてきた経験ひとつひとつを味わうことができた気がします。
前日から長時間にわたって下準備をコツコツとしてくださり、本当にありがとうございました!

気になるメニューはこちら↓
〇焼き胡麻豆腐
〇秋刀魚の和風オイル煮
〇蓮根チップのルッコラサラダ
〇秋野菜の炊き合わせ
〇椎茸メンチカツ
〇鮭といくらの親子ごはん
〇九条ネギと揚げの味噌汁
〇洋梨のワインゼリー


<吉田愛さんプロフィール>
大学卒業後、料理家のアシスタントをする傍ら東京の日本料理店で働き和食を学ぶ。その後、より本格的に和食を学ぶ為に京都にて修業。今年3月に独立し、現在は料理教室の講師、企業とのレシピ開発、ケータリング等を行う。唎酒師の資格を持ち、毎日の晩酌が至福の時間。日々お酒に合う料理やおつまみを研究し、酒蔵とのイベント等も主催している。
インスタグラムhttps://www.instagram.com/ai2ueo/

2018年9月15日土曜日

関澤真紀子さん60年生誕祭を盛大に開催しました!

Photo by Shoko Sakurai

『いちばんくわしい 魚のおろし方と料理』(成美堂出版)などでもお世話になり、大薮とは20年近く仕事をご一緒していて公私ともに仲の良い、料理編集者の関澤真紀子さんの60歳を迎える誕生日会を、このフレーズを会場に、ド派手に開催しました!

1年近く前から関澤さん自らが様々な料理家さんに声をかけ、ここまで大勢の方が「お祭り」をできるような会はなかなかない!と、自身のお誕生日会をプロデュース。
当日はなんと19名の方がお料理を提供してくださいました!

準備段階でフレーズのキッチンに次々と料理家さんがいらっしゃり、スペースをうまく分担して盛り付け等をされているさまは壮観。

土井善晴先生のお赤飯をはじめ、超豪華なメンバーのお料理がズラリ。
島津修さんがライブで鯛をさばいて姿盛りにしたり、野本やすゆきさんが鮪の握りをその場で手渡してくれたり、庭では村上千砂さんがお好み焼き屋も!
茂木恵美子さんによる「60」の文字をあしらった大きなパンや、ムラヨシマサユキさんが「6」を、藤野貴子さんが「0」をつくった共作「60クッキー」が手土産で用意されるなどの演出もありました。

【料理家&料理一覧】
・土井善晴さん赤飯
・久保香菜子さん鯖寿司
・大庭英子さん揚げなすと牛肉の韓国風
・今泉久美さん秋野菜のピクルス切り干し大根の梅和え
・島津 修さん鯛の姿盛り
・今井 亮さん羊肉と香菜の水餃子
・上島亜紀さんラムローストの香草ソース
・野本やすゆきさん…鮪の握り
・荒木典子さん青菜と菊花のお浸し卵焼き
きじまりゅうたさん猪肉の味噌汁
新田亜素美さんスパイス秋刀魚のレッドカレー白だし香る牛すじのホワイトカレー季節のアチャール
福岡 拓さん自家製カナディアンベーコンと燻製卵
・ダンノマリコさん北海道チーズの盛り合わせ
村上千砂さん…お好み焼き
松本祥孝さんアイスコーヒーコーヒーリキュール
ムラヨシマサユキさんショートケーキ、チョコレートケーキ、プリン
藤野貴子さんシューケット
茂木恵美子さん…パン ノア レザントマトとオリーブのパンチャバタ
善玉さんキムチ
安藤有公子さん…梨

【手土産】
・ムラヨシマサユキさん…赤いシュトーレン
・藤野貴子さん赤いベリーケーキ
ムラヨシマサユキさん、藤野貴子さん…60クッキー

15時から始まったこの会。ゲストは料理家さんと合わせて60名近くいらして、21時まで、入れ替わる人もいると思いきや、ほとんどの方がラスト近くまで!笑 楽しい会だった証拠なのではと。

庭で花火をしたり、いろんな方と6時間めいっぱいお話をして盛り上がりました。

次回は7年後、大薮の60年生誕祭で!